Q:借金で住民票がうつせないんだけど、これ借金を返さない限りどうしようもないの?

A:借金のせいということなので、現住所が分からないように住民票を以前の住所からうつしてないのでしょう。

住民票が現住所にないと行政のサービスをうけれなかったりして不便ですよね。

当然ですが借金を返せるなら住民票を現住所にうつしても問題はありません。ですけどそれが難しいんですよね。

借金には時効があるのを知ってますか? もしあなたが借りた借金が5年以上昔のものなら借金を時効にできるかもしれません。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

借金を時効にするには時効援用という手続きをすればいいんですが、時効には中断事由と言うものがあって、ただお金を借りてからしてから5年が過ぎてるから時効援用できるってものじゃないんです。

この時効援用に失敗すると債権者に住所を知られるだけでなく、以前の借金に利息+遅延損害金が上乗せされた金額を一括請求されるかもしれません。時効の中断事由には10年間延長されることもあるので確認せずに援用の手続きをするのはかなり失敗しやすくなります。

ではどうやったら安全に時効援用できるのかというと、弁護士や司法書士に時効援用の手続きをしてもらえばいいんです。

借金に強い弁護士・司法書士なら時効援用できるか確認してもらってから時効援用の手続きをしてもらえますから、何も調べずに時効援用するよりもはるかに失敗しないですみます。

もし時効期間が過ぎていなくて時効援用できない場合でも、債務整理をすることで月々の返済額を減らすことも可能ですから、専門家にメリットやデメリットを聞くことで今後の方針が決められますよ。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション