借金の時効援用後にあるデメリットについてまとめました。

時効援用で返済義務がなくなるというのは、いいかえれば借金を返さずに踏み倒したと同じこと。

融資したお金を返さずにバックれたらペナルティがあるのは当然の結果。あなたの信頼は失われてブラック扱いをされることに。

誰だってお金を貸しても返さないとウワサの人が「お金を貸して欲しい」って言ってきても断りますよね。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

借金の時効援用後のデメリットとは

時効援用後にあるデメリットとしては

・銀行や信金などで融資をうけれない
・スマートフォンや携帯を月賦で買えない
・クレジットカードも申し込んでも審査落ちする
・住宅ローンや自動車ローンを組ませてもらえない
・通販でカード払いができなくて代引き手数料など余計なお金がかかる

時効援用すると信用情報に事故情報が残り、事故情報が消えるまでの最長5年間はブラックリストに載ることになります。

ただし時効援用先(消費者金融・カード会社・サラ金・携帯会社など)には会社内部のデータにネガティブな情報が残るので、ずっと新しく契約するのはほぼ不可能になると思ってください。

大手会社に時効援用したならグループ会社にもキャッシングやローンを申し込んでも審査に通るのはかなり難しいといえます。

特に携帯会社に時効援用手続きをした場合、他社に申し込むか格安スマホを利用したり、スカイプやLINEなどの通話サービスを利用せざるをえない可能性も。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

それは本当にデメリットなの?

ですが、時効援用後のデメリットって借金滞納中とほぼ変わりませんから、すごいデメリットがあるかといえば「う~ん?」と首をかしげたくなります。

もちろん借金を時効援用後に悪影響がないということはありませんけど、腰が引けてしまうほどえらい目にあうかというとそうでもないかも。

借金を完済した方が時効にするよりも時効援用後のデメリットは少ないのは当然です。だってお金という高い代償を払って獲得するものなんですから。

借金先がヤミ金みたいな非合法集団でなければ借りたお金は返すのが当たり前で、借金を踏み倒してチャラにするのに何のデメリットもなければ世の中の金融取引は崩壊しますよ。だって5年(10年)逃げ回るだけで何十万何百万の借金から逃げられるなら真面目に返済するのはバカらしいと思う人は大勢でてきそうですよね。

返済しないで済むというメリットの分だけデメリットは覚悟して時効援用はすべき。

ただ1度時効援用をしたなら、もう二度と時効援用するようなことなく生活するよう心がけてはいきたいですね。