テレビのニュースなどで時効という言葉を聞くことがありますが、実は犯罪事件だけではなく借金にも時効というものがあるのをご存知でしょうか。

多くの人はお金というのは借りたら返済しなくてはならないものだと思っていますが、

実は一定の期間で借金も時効になってしまうものなのです。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

具体的にどれぐらいの期間が必要なのかというと、それは相手が銀行や消費者金融のような法人だった場合と個人だった場合とで違ってきます。

債権者が法人だと5年で時効期間をむかえ、個人の場合だともっと短く10年という期間で時効期間をむかえます。

知人にいくらかお金を貸しているという人も、何もせずに相手が返済してくれるのを待っている場合には、10年間でその借金の返済する義務が無くなってしまうということを覚えておかなければなりません。

消費者金融でお金を借りても5年間逃げ続ければ借金が無くなるのではと思う人もいるかもしれませんが、この年間というのはあくまでも何もしなかった場合の期間です。

何もしなかった場合というのは、時効の中断事由に当てはまらなかった場合になりますね。

時効を中断させる方法はいくつかあります。

借金を認めてしまった場合、裁判所から請求があった場合などなど

時効までの期間というのも借りてからではなく最後に支払いをした時から時効期間を数えるので、意図的に時効を成立させるのは簡単ではないと思います。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション