Q:
援用の書類を債権者に送ろうと思うんだけど、消滅時効の成立ってどうやって確認できる?

A:
時効援用の確認が必要ということは、あなた個人で援用の手続きをするんでしょうか。

弁護士や司法書士に依頼して時効援用するなら、援用できたかの確認までしてもらえると思います。もし専門家に依頼したならば援用できたか確認までしてもらえるのかと確認してみましょう。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

もし個人でやる場合は、援用をしても債権会社から援用成功したっていう連絡はまずきません。

ですが、援用を失敗していたら再び督促状が送られてくるなり、電話や封書での連絡がくると思われます。時効援用に失敗していたらこんな連絡はきませんから、何も届いてないことが成功した証みたいなものになるのかもしれません。

もしくは援用の手続き後に信用情報機構にあなたの信用情報を開示を依頼して、きちんと借金も記録が消えているのを確認する方法もあります。

ただし債権会社が債権を債権回収会社などに売却していたら、時効援用の手続きは債権回収会社に行う必要があります。

債権回収会社から督促状もあなたに届かずにいたら、こうした債権が移動したことも分からない場合があります。

この場合に元の債権会社(あなたに貸付した会社)に時効援用の書類を送っても時効援用は債権者に送られてこそ意味があるんです。

こうした時効援用をする際には確認など面倒な確認が多いんです。

もしまだ送っていないのなら、弁護士や司法書士などの専門家に依頼してすべて任せてしまうのも手かもしれません。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054
アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション