借金時効

ブラックリストの時効について

ブラックリストというものは、実際に存在をしているものではありません。

これは個人の信用情報のデータベースのことであり、金融事故等を起こしたことがあるかどうかやその人の信用度を測るために金融機関が参考にする情報のことなのです。

そしてクレジットカードのブラック情報を自分の手で消す、ということは不可能です。

もしそんなことができれば、個人信用情報機関の存在意義がなくなってしまい意味をなさなくなってしまうからです。

[the_ad id=”626″][the_ad id=”623″]

一般的にブラックリストの時効は5年とされていることから、ブラックを消すという業者等には気を付けることが必要です。
ただし、完済をするか債務整理をするかしなければこのブラックの状態がずっと消えないことになります。

支払いをせずに放置をしていると、永遠に消えずにリストにあがったままになってしまうのです。
もしもブラックに登録をされている場合には、まずは5年間様子を見てみることが必要です。

そして5年が経ってから個人信用情報に開示請求をしブラックが消えていれば、クレジットカードを作ることが可能になります。
[the_ad id=”626″]