時効援用後 住宅ローン

時効援用後は住宅ローンの頭金があっても審査落ちするって本当?

時効援用後の住宅ローン

時効援用後は住宅ローンの頭金があっても審査に落ちてしまうって本当ですか?と聞かれることがありますが借金の時効援用した直後に住宅ローンの審査が通った話はほぼ聞いたことがありません。時効の援用では、たしかに借金は払わずに済みますがスッキリとチャラになって信用情報までリセットされるわけでは無いですよね。しっかりとブラック入りしているはずですw

時効援用で借金チャラ!10人中8人がここで解決!

昔の借金を時効にしたまでは良かったけれど家族も増えて収入も安定し奥さんに「そろそろ家でも建てたいわ」なんて言われればドキッとしてしまうことでしょうね。

クレジットカードなどで借金をしてもどうしても借りたい時がありますよね。

私は時効の援用をした後にクレジット契約をした事があります。全ての取引履歴は信用情報登録機関に記録されます。借金を長期間滞納してどうしようもならない場合の解決方法の中に時効の援用という方法があります。

こちらの方法は最終の支払い約束ら請求権が消える5年を経過した場合に実行できる方法で、確実に借金をなくす事ができます。時効援用後に住宅ローンの審査を申し込む場合がありますが、審査に通過するかどうかは条件によってはかなり厳しいです。

時効援用で借金チャラ!10人中8人がここで解決!

その理由ですが信用情報登録機関には5年程度は時効援用の記録が記載されているからです。

時効援用した人が住宅ローンを申し込む場合には、信用情報登録機関に記録されているかどうかを確認した方が良いです。万が一記録されている場合には、時効の援用をした記録が削除されるまで待つ必要があります。削除されていても金融機関はすぐに住宅ローンの審査を通過させてはもらえません。

その理由ですが、時効の援用の記録が削除されると信用情報登録機関の情報が全くない状態になります。

金融機関はそのような人は過去に時効の援用を含む債務整理をしたと判断するからです。そのような場合どうしたら良いか悩んだ私は携帯電話の分割支払いを行いました。携帯電話の分割支払いですが、立派なショッピングクレジットになります。

携帯キャリアは他の携帯キャリアを含む通信料金や分割支払いに未納がない事と、信用情報登録機関に未払いがない限りはほぼ確実に契約します。そちらの支払いをきちんと続けていると、信用情報登録機関にも正常支払いという記録が記載されるからです。

そのため住宅を含むローンの申請があった場合には、金融機関はきちんと支払いをしてくれる人という印象を持ちやすくなるからです。信用情報登録機関から時効援用の記録が削除されたのを確認した私はソフトバンクの携帯電話を契約しました。そうすると無事に契約が成立しました。

時効援用後のスーパーホワイトって知ってますか?

スーパーホワイトって言葉聞いたことありますでしょうか?

聞き覚えがある方もいらっしゃると思いますが時効援用後、一定期間がすぎると各、信用情報機関による規定で事故情報として残っている移動情報などが削除されます。削除されてきれいになったんだから新規に申し込んだクレジットカードや住宅ローンも含めて審査が通りやすそうに思いますが信販会社やクレジットカード会社はそういうふうな単純な規定で審査をしているわけではありません。

スーパーホワイトは信用情報が真っ白状態です。

通常は一つの契約につき一枚の信用情報が作成されますが5年以上の間、信用情報が真っ白ってことは、こいつ時効の援用やったな?って思われちゃうんですねw

よって、審査は落ちるということなんですね。

どんなに稼いでいようが時効援用後に住宅ローンを組もうとするなら信用情報の開示請求をした後に実績を作ることに集中しましょう。小さなことから積み重ねて行けば住宅ローンだけでなく普通のクレジットカードや自動車ローンも可能です。

まとめ

時効専用後の住宅ローンは実績作って信用を得る!

実績イコール信用なんですね。